【ランキング】憧れの結婚式はここで挙げよう!名古屋のチャペル6選

トップ > 名古屋のチャペル情報 > 挙式後はすぐ移動をしてレセプションができる名古屋でのチャペル挙式

挙式後はすぐ移動をしてレセプションができる名古屋でのチャペル挙式

挙式をしたら次に披露宴ですが、チャペルでの挙式の場合はどうなるのか、これから結婚式をするカップルは知りたいことです。名古屋ではチャペルウェディングのできる会場は 充実をしていますが、教会で挙式の場合の披露パーティーは、近くのレストランを貸しきるスタイロが多くなります。地元のキリスト教の信者が礼拝をするためにあるのが、教会という宗教施設であり本質は礼拝のために存在をする施設です。教会を借りて挙式をあげた後のお披露目パーティーは、ほかのレストラン施設への予約をすることになります。チャペルの場合は結婚式のために建設されてるいますから、チャペルでの挙式が終わったらレセプションは、その横のガーデンや用意された設備で行うことが可能です。チャペルの場合はレセプション会場が、すぐ隣接するタイプが多いのは楽ですし、これは教会挙式との最も大きな違いになります。

 憧れのチャペルウェディングは利点も多いですが、あえてマイナスの要素も知っておくことで対応しやすくなります。結婚式を教会かチャペルにするかで迷ったとき、専門のチャペルでの挙式をすると、教会よりも費用は割高です。プランナー会社の固定もありますし、結婚式のために建設されているのがチャペルなので、費用は少し高めになります。結婚式のプランの中に、新郎のタキシードや新婦のウェディングドレスも入っているから、総合的には安いというのも誤解です。その含まれるドレスなどの衣装に関しては、ブライダル衣装のグレード的には、最も低いもの多いのが理由になります。一生に一回の最高に輝く日ですから、ブライダル衣装をグレードアップさせるオプションを追加したら、気が付けば予算オーバーということにもなりかねません。ブライダルのアルバムや写真に関しても、申し込みが必須条件であるケースも多いです。費用面ではプランの詳細をよく確認をして、二人にとって予算内でできるチャペルウェディングを選ぶようにします。

 結婚はサインだけでいいという合理的なカップルもいますが、現代では結婚式をするかしないかは本当に自由です。ですがせっかくの第二の人生のスタートですから、挙式だけでもするとかなり良い思い出になります。名古屋では挙式だけでもチャペルでできる結婚式のスタイルもあるので、女性の花嫁衣裳を着たい願いも叶えることが可能です。男性でもせっかくだから結婚をするなら、タキシードを着用したいと考える人はいるでしょうし、女性の場合はウェディングドレスは誰もが憧れます。婚姻届けは出しても、挙式も披露宴パーティーも無しでは、白無垢やウェディングドレスの着用の機会が消えてしまいますので、それでは女性は少し切ないです。花嫁衣装で写真撮影だけをすることもできますが、せっかくですからチャペルで式をして、愛の誓いを立てる方が本人たちにとってもハッピーな時間になります。

次の記事へ

ページトップへ